婦人

敏感肌は化粧品を使って悩みを解決|お肌を大切に

肌が弱い人のケア方法

基礎化粧品

敏感な肌のスキンケア

敏感肌は、かぶれたりアレルギーを起こしやすい肌質として、化粧品は低刺激のタイプを使うことが勧められています。敏感肌は、色々な物質や環境で肌が痒くなったり湿疹がでるなど肌トラブルが出るケースがあります。例えば春先の花粉やハウスダスト、ペットの毛や気温、環境の変化、ストレスなどが肌トラブルの原因となり、いつも使用している化粧品が合わなくなる症状がある方は、敏感肌の可能性があります。敏感肌用の化粧品は、大手化粧品メーカーや製薬メーカーなどから販売されています。肌が敏感な方向けに開発された化粧品は、低刺激であることが特徴です。香料や着色料、鉱物油や保存料などアレルギーを起こしやすい物質を配合しない製品は、肌が敏感な方のスキンケアに最適と考えられています。

苦手な物質を知るには

敏感肌の方が化粧品を使用する際、新しいものを使う時は、パッチテストをすることが推奨されています。肌の柔らかいところに一定の時間化粧品を塗り、肌トラブルが出ないかどうかを試す方法で、パッチテストを行うことで顔に使用した時に起きる肌トラブルを防ぐことができるといわれています。又、何にアレルギーを起こしているかわからないときは、皮膚科のアレルギー検査が有効な場合があります。皮膚科では、血液を採取し、様々な検査項目を調べることで、どのような物質に反応しやすいかがわかります。アレルギー反応があった物質に接触しないことで、肌が敏感に傾くのを防ぐことができるとして、多くの皮膚科で敏感肌の方が検査を行っています。

Copyright© 2016 敏感肌は化粧品を使って悩みを解決|お肌を大切に All Rights Reserved.